夏の育毛対策

海や山々でやり過ごすときに

髪の心配を最小限に食い止め、抜毛を対策するための秘訣についてご紹介します♪

海の水、山々のUVは
髪に大心配を加え、抜毛の原因になります

水遊びの興味深い時分ですが、
ウォーターアクティビティーや海水浴の後髪がガビガビ、パサパサに……。

そういった経験をしたことはありませんか?

海水やジムの水には塩素が含まれていて、
これが髪に大心配を加え、抜毛の状況になってしまうのです。

海水1リットルには、30~35グラムもの塩が含まれているそうです!

ジムの水は海と違って塩水ではありませんが、
感染症の原因となる細菌やウイルスを死滅させために
滅菌の任務で塩素が含まれています。

塩素だけでなく、海水やジムの水には毒素も混ざっていますよね。

そういった異物が長く、髪についていると、
髪の潤いやたんぱく質が失われてしまうのです。

赤っぽくなったり着色した髪が染みしてしまうこともあります。

一層見逃せないのは、UVによる煽りだ。

海や山々にレジャーに行った場合、UVを受ける結果
キューティクルがはがれて髪の消息筋が乾燥して、
枝頭髪や切れ頭髪などのダメージを受けてしまう。

髪が濡れているとキューティクルが開いた状態になるのは、
以前にもお伝えしました。

キューティクルが開いたところに
塩素、毒素、UVといった髪の目の敵が加わるので、
遊んだ後の髪は、心配が気になってしまうことが多いのです。

そして、スカルプが浴びる心配にもご注目を。

毛孔に汗や不潔が詰まったままでいるとスカルプが乾燥してしまい、
フケやかゆみ、ひいては抜毛の状況になる。

面白く遊んだあとはスカルプ・髪の心配を
最小限に留めるための秘訣を【4つ】ご紹介します。

① トリートメントで前阻止

前日の夜の洗顔の先々、
洗い流さないたぐいのトリートメント剤をつけて、
髪に入庫膜を作っておきましょう。

② 紫外線却下ジェットや帽子、日傘を実施

海や山々にお出かけする途中にも、
UVは降り注いでいる。

その間の紫外線却下には、紫外線却下ジェットや
帽子や日傘が役立ちます。

③ 結び髪で防護

なるべくスカルプ・髪が外気にさわる表面積を少なくするには、
髪の長い顧客はおだんごヘアーなどの
まとめ髪をしたりするのも有効です。

④ 遊んだ後は、俊敏水洗い&レモン水

帰ってきたらなるたけ少なくお届け風呂に入って
髪やスカルプについてしまった不潔や汗を洗い流しましょう。

塩素のついたヘアーには、小気味よくクロスドライした先々、
レモン水を引っ掛けると、指街が厳しく、髪のもつれを防ぐことができます。

レモン水は、
500CC のペットボトルに6分の1にカットしたレモンを絞って
しばしば振ってから使います。

⑤ 念入りなヘアーアフターケアを!

水洗いで大まかな不潔をとっても、
入念な洗顔で完璧にきれいにするのをお忘れなきように!

洗顔後はコンディショナーをした先々、
アウトバストリートメントもください。

スカルプに受け持ちがかかったなと感じたら、
育毛剤を塗り付けながらのマッサージもおすすめです。

いかがでしたでしょうか?

完全夏の世で遊んだ後は、
ありがたく疲れてただただ眠ってしまいたくなりますが、
髪やスカルプもお疲れだ!

できるだけいたわってあげて、美しさをキープしましょう♪

脱毛ラボ 新潟店

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です