毛とホルモンの関係

最近はお子さんがいてもおしゃれを楽しんでいる女性が多くなり、衣類やヘアースタイリングはもちろん、ネイルやムダ毛方法にも方策を抜かない女房が増えています。

妊娠中はホルモンの影響で体毛が濃くなったり、ふとしたことがいとも気になることもあり、抜毛をしたいと思う妊婦様が多いようです。

妊娠中から産後の女性は、脱毛してもいいのでしょうか。
気になる妊婦様の抜毛についてご紹介したいと思います。

妊娠中の抜毛

妊娠中はホルモンや交代の関係で、体調を崩すそれぞれが多くいます。
つわりや慣例の遷移もあり、妊娠するまでは普通にできていたことができなくなってしまうケースもあります。

抜毛においては、多くの抜毛サロンで妊娠中の治療を断られることになります。
通りで契約している場合は、産後体調が落ち着いてから再開というふうにすすめられるのが一般的ですね。

なぜかというと、妊娠中は抜毛方法の効果が期待できづらくなるからです。
受胎の影響で体毛が濃くなったり、ホルモンバランスが乱れて表皮の様相が整っていない時には、レーザー方法などの効果が出ない可能性があります。

また、妊娠中は表皮が神経質になっているので、肌トラブルが起こりやすくなります。
さらに、もしなんらかの異常が起きたときの恐怖を考えて、抜毛方法をしない方がいい、と言えるのです。

ムダ毛が気になる部分は自宅で処理しても構いませんが、妊娠中は表皮の様態が崩れ易いので、保湿をしてとっくり加勢しましょう。

産後の抜毛

いざお産を済ませたら、いつでも抜毛できるかといえば、そうでもありません。
産後しばらくは、ホルモンバランスが乱れた調子となっています。
赤ん坊の心配りで昼夜逆転した生活になることもめずらしくなく、体調や感覚が異例になりやすい折です。

一つの目安としては、産後月の物が再開したら脱毛してもよろしい、というお売り場が多いようですね。

ただし、産後のボディが成分の状態に戻ると、濃くなった体毛も薄くなり、増えていた産毛なども自然に抜け落ちます。
妊娠中に気になっていたムダ毛が、産後はほとんど気にならなくなったというそれぞれもいますので、あまり焦らずに塩梅をみるのも良いと思います。

赤ん坊をバストで育てて要るそれぞれは、抜毛方法で痛みや外圧を感じるとバストの出が悪くなる場合があるそうです。
産後は何かと忙しく、思うようにサロンなどにも伺えなくなりますので、抜毛方法は受胎やお産の前に済ませておくと安心です
ね。
脱毛ラボ 池袋店

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です